Mindロピアへの想い

食べること、料理することが大好き。その気持ちを活かせる場所。 食べること、料理することが大好き。その気持ちを活かせる場所。

大学で栄養学を学んだのち、ロピアに入社。大学時代に資格を取得した管理栄養士の知識も活かしながら、惣菜部で調理や売り場づくりに従事する。

もともと食べること、作ることが大好きで、栄養の勉強がしたくて大学に入りました。就職活動のときに胸に抱いた「美味しいものを多くの人に届けたい」という希望を今、ロピアで叶えています。ただ“作るだけの人”になって埋もれてしまいがちな大手企業と違い、成長途中にあるロピアでの毎日は充実していますね。日によって担当するものは違いますが、私の持ち場は主にスチコン、スチームコンベクションオーブン(※注:水蒸気と熱風を使って焼き上げるオーブン)。焼き魚からチャーシュー、おこわ、カツ丼までさまざまなメニューを作っています。

大きなメンチカツや、自社工場で作っているベーコンを厚切りにしたベーコンカツ、肉屋ならではの大きな肉団子など、ロピアの惣菜にはこだわりがたくさんあります。品出しをするときにお客様にお声がけをしたりお話したりするようにしていますが、「安いっ!」という声を耳にするとやっぱり嬉しいですね。毎日来てくださるお客様も多いので、日替わり商品を作ったり、季節の品を出したりと飽きられない工夫にもやりがいを感じています。

ロピアで働いていて嬉しいのは、上司や先輩がたくさんコミュニケーションをとってくれたり、チャンスを与えてくれたりすることです。上の人を含めて社内の会話も多いですし、1年目でも売り場に使うPOPを作ったり、お弁当を企画させてもらったりといろいろなチャンスを与えてもらっています。自分が企画したお弁当が出した端から売れていくのは、本当に嬉しい光景でした。また「おトクだね」とか「これおもしろい!」とか、お客様がどんなふうに感じているかがすぐに見えるのは、スーパーの惣菜部で料理をつくる醍醐味だと思います。

今は調理や品出し、売り上げなどの数字を管理しています。それに加え、せっかく働くなら快適で効率の良い場所にしたいと、環境づくりにも積極的に取り組んでいます。「こうしたほうがいいな」と思ったら、まずはトライしてみます。たとえば、これまではベテランから口頭で伝えられていた調理の手順や作業の流れ。先日、ふと思い立ってまとめ、表にして貼ってみたんです。誰にとっても間違いなく、わかりやすくしたほうがきっと、今後入ってくる人にとってプラスになります。そうした工夫は、どんどんしていきたいです。

ゆくゆくは、やっぱり商品企画にも携わってみたいですね。管理栄養士としての知識は惣菜のパックに貼ってある成分表示シールづくりや衛生面の管理に活かしていますが、これからは栄養士の資格を持っている方も入社してくると聞いています。もしチームを組めれば、健康に良い惣菜づくりなんてこともできると思うんですね。ロピアの惣菜がもっとお客様に喜んでいただけるよう、いろいろチャレンジしていきたいと考えています。